ページ
トップ
 点検クラウドサービス
『点検録』
オフィシャルウェブサイト

MENU

 株式会社エー・エス・ディ
会社情報はこちらから 
点検録の活用範囲

点検クラウドサービス

点検録の
活用範囲

『点検録』は、施設・設備の法定点検や住宅の検査、FCの店舗点検など、広範な点検業務でご活用いただけます。

ホーム  ―  点検録の活用範囲

点検録の多様な活用範囲

 株式会社エー・エス・ディが提供する点検クラウドサービス『点検録』は、点検作業組織が抱えている業務課題の解決に役立ちます。 住宅・土木・工場の検査や施設・設備の点検、FCの店舗点検など、広範な点検業務でご活用いただけます。
 iPadがあれば、いつでもどこでも『点検録』をご利用いただけます。
 『点検録』は、横浜市の『平成28年度 横浜市中小企業新技術・新製品開発促進事業(SBIR)』に認定されました!

iPadとヘルメット

点検録の活用範囲

建設現場、建築現場の工程検査・報告書作成
インスペクション業務
道路、橋梁等の巡回業務、保守業務
施設内での機械、設備管理業務
定期清掃現場の報告業務
倉庫管理、出庫チェック業務
ビルメンテナンスにおける点検業務
外食施設内での点検業務
自治体の公共施設管理
製造メーカーでのチェック業務
1.
建設現場、建築現場の工程検査・報告書作成

 戸建て住宅の施工をしている工務店では自社による工程検査を実施しています。このような工程ごとの品質チェックの場面で点検録が活用できます。現場監督は担当物件で点検録を起動して完了工程に基づき検査項目のチェックと点検録から写真撮影を行います。点検録を活用すれば点検表からパソコンへの転記する必要もデジカメで撮影した現場写真を移動する必要もありません。 点検録は誰でも点検と検査報告書の作成ができるので、若手監督や新入社員といった現場経験が浅い社員への共通の教育ツールとしても活用できます。

2.
インスペクション業務

 中古住宅売買時に行われる住宅診断のようなインスペクション業務で点検録は活用できます。住宅やマンションで利用している独自の検査項目やチェックシートも点検録に取込みオリジナルシステムとして提供します。点検録なら複数抱えている現場から担当現場を瞬時に呼び出す事ができ、直感的な操作で簡単に検査入力が行えます。 紙の検査シートのように入力情報をデータとして転記する必要がないので、住宅所有者に対するレポートも直ぐに作成する事ができます。

3.
道路、橋梁等の巡回業務、保守業務

 発電機、ボイラ、コンプレッサ、給水といった設備管理業務では大量の点検シートが存在します。 巡回担当者はその日巡回する現場に従って担当分の点検シートを事務所から持ち出し、現場へ向かいます。 現場ではチェックする機器に従って対象設備のシートを取り出し、点検作業を行っています。 点検録を活用すれば大量の点検シートを持ち歩く必要はなく、担当現場ですぐに対象の点検シートの入力が出来るので点検業務の時間短縮になります。

4.
施設内での機械、設備管理業務

 道路や橋などの維持管理では点検、診断、措置、記録といった業務を効率的に回していく必要があります。 このようなメンテナンスサイクルを回していく上で点検録は最適です。過去の点検記録がクラウドサーバに保管されるので点検業務のデータベースが構築されます。 過去の判例を会社や自治体でしっかりと把握して不具合情報の共有、注意喚起、基準の見直し等が出来るのでBIツールとしての体制づくりを後押しします。

5.
定期清掃現場の報告業務

 定期的に行う建物、施設の清掃業ではお客様への報告書の作成を行っています。 事務所に戻ってからの写真貼り付け、報告コメントのExcelへの追記など事務所に戻ってから行う業務に時間がかかり残業が多く発生していました。 点検録を活用することで写真付きの報告書をiPad上から作成が可能になり、現場や移動時間や隙間時間に報告書作成を行うことにより残業時間が大幅に減り業務改善につながりました。

6.
倉庫管理、出庫チェック業務

 資材レンタル、リース会社では資材の在庫状況を工場ごとにチェック用紙で管理しています。 担当者が用紙でチェックした結果をパソコンへ転記して本部が在庫状況を把握していますが、点検録を活用すれば工場ごとにタブレットでチェックした在庫状況が直ぐに本部へ共有化されて、適正在庫を把握する事ができます。 これにより余剰在庫や不良在庫を削減しコストを抑える事ができます。

7.
ビルメンテナンスにおける点検業務

 ビルメンテナンスではスプリンクラー、消火器、感知器といった消防設備の点検や汚水、上水、消化ポンプといった水中ポンプの点検、空調機点検など様々な設備を点検します。 点検録を活用すれば多数ある設備や点検内容をスムーズに呼び出せて、紙の点検シートに近い感覚で入力でき現場の作業者にとっても使いやすいインターフェースになっています。 入力された情報は会社の資産としてデータが蓄積されていきます。

8.
外食施設内での点検業務

 外食施設では日々店内の清掃状況や冷蔵機器の温度管理点検を行っています。 施設内の点検といっても多岐にわたるシートに手書きで記入しており、入力する担当者も時間によってまちまちです。 点検結果の整理にも時間がかかってしまいます。 点検録を活用することでiPadからデータ化したシートに入力すると入力時間や名前の履歴も確認でき、結果が日々クラウド上へ蓄積していきます。 デイリー、ウィークリー、マンスリーといった期間毎の点検も可能です。 効果として情報整理の効率化、入力不足箇所の早期発見、履歴情報の視認性向上が実現できます。

9.
自治体・官公庁の公共施設管理

 横浜市土木事務所の公園点検業務にて点検録を活用いただいています。 公園遊具の安全性、機能保全、劣化状況確認など点検録でデータ登録をしています。 点検録を起動すれば担当現場と現場に設置されている遊具のチェックシートがすぐに表示されるので一日に複数箇所巡回する点検業務が効率化され、計画的な維持管理に役立てています。

10.
製造メーカーでのチェック業務

 食品生産ラインではFSSC 22000に基づき点検、品質のレポートを作成します。 数十種類の商品に従ったレポートづくりでも点検録は活躍します。 タブレットから点検録を起動して数百ある点検項目の中から必要項目だけを画面に表示し、スクロールしながら順番に確認、入力することで、点検漏れや入力抜けの低減につながりヒューマンエラーがなくなります。

サービス・商品

目視録 住歴録 FLIR ONE